読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Visual Studio Express 2013をPythonのIDEとして使う (Python Tools)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Microsoftから公式リリースされているPython Tools for Visual Studio - Homeを使うと、Visual Studio 2013をPythonIDEとして使うことが可能となります。どうせ有償であるProfessional版だけでしょ?と思いきや、2.1バージョンからはなんと無償であるExpress版でも使えるようになります。ただし現在はRC(Release Candidate)なので、導入は自己責任です。(2014/10/20追記:2.1が公式にリリースされています。)

インストール方法(Windows 7の場合)

プロジェクトの作成

VC++と同様、「新しいプロジェクト」から「Python Application」などを選べばOKです。

便利な機能

バーチャル環境の利用

virtualenvやvenvで作成したバーチャル環境を利用することが可能です。ここでは、既に作成済みのバーチャル環境を追加することをやってみます。バーチャル環境について概要を知りたい方は、記事 Python 3.4の導入メモ - pipとpyvenv - minus9d's diary を参照してください。

  • ソリューション エクスプローラーの"Python Environments"で右クリックし、"Add Existing Virtual Environment..."をクリック
  • 作成済みのバーチャル環境のルートとなるフォルダを選択
    • 例えばC:\python_virtual_envの下にLib, Scripts, shareなどのフォルダが並んでいるのだとしたら、"C:\python_virtual_env"を選択
  • Addをクリック

成功すると以下のようになります。

f:id:minus9d:20141006213202p:plain

注意点

PYTHONPATHの代わりにPATHを使う

そういう思想らしいです(Python Tools for Visual Studio - Documentation)。ソリューションエクスプローラーのSearch Pathsで右クリックし、"Add Folder to Search Path..."を使うべし。