読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacのClangを更新


このエントリーをはてなブックマークに追加

MacにインストールされているClangのバージョンを更新した。

もともと入っていたClangのバージョンは以下の通り。

$ clang++ --version
Apple clang version 2.1 (tags/Apple/clang-163.7.1) (based on LLVM 3.0svn)
Target: x86_64-apple-darwin11.4.2
Thread model: posix

たぶん、昔にXcodeを入れたときに一緒に入ってきたのだと思う。

以下の手順によりClangを更新した。最近はXcodeを入れただけではgccやClangは入らないことに注意。

  1. Xcodeを更新
    • たぶん4.1だったのが4.6.3になった
  2. Xcode -> Preferenes... -> Downloads -> Command Line Tools のインストールをクリック

更新後のClangのバージョンは以下の通り。

$ clang++ --version
Apple LLVM version 4.2 (clang-425.0.28) (based on LLVM 3.2svn)
Target: x86_64-apple-darwin11.4.2
Thread model: posix

これで-std=c++11オプションを付けることでC++11のコードをコンパイルできるようになった。

ちなみに、gccも新しくなるかと期待したが、こちらは変わらなかったようだ。

$ gcc --version             
i686-apple-darwin11-llvm-gcc-4.2 (GCC) 4.2.1 (Based on Apple Inc. build 5658) (LLVM build 2336.11.00)
Copyright (C) 2007 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.