読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XP + FedoraなEeepcをXP専用機に戻す


このエントリーをはてなブックマークに追加

XP専用機に戻したかった理由

XPをWindows 8にアップグレードするため。

Eee PC 1000HA をWindows 8へとアップグレードしようとすると、最後の再起動の後にまたXPが立ち上がり、「Windows 8をインストールできませんでした お使いのPCは、Windows 8 のインストールを開始する直前の状態に戻りました。」と言われてアップグレードできなかった。理由が全く通知されないのだが、多分XPの後からFedoraを入れたことにより、ブートローダGRUBに変わったことが原因なのではないかと思われた。そこでFedoraを削除し、いったんXP専用機に戻すことを考えた。

やったこと

起動ディスクの準備

Eeepc付属のDVDは起動ディスクとして使えないということが分かったので、自力で作成する必要があった。 に従って、EeepcにインストールされているWindows XPを使って、起動ディスクとなるUSBメモリを作成した。

工場出荷時に戻す

USBメモリを挿した状態で起動。Escを連打してブートデバイスの選択画面を開いて、USBメモリからブートする。すると、以下のような「オペレーティング システムの選択」という画面が表示される。

ここで"1. TXT Mode Setup Windows XP, Never unplug USB-Drive Until Logon"を選択。
すると以下のようなセットアップ画面が表示される。

ここでEnterキーを押すと、工場出荷時の状態に無事戻すことができた。

Windows 8にアップグレード

まっさらなWindows XP SP3 (メモリ使用量200MBほど)の軽快さに後ろ髪を引かれつつ、改めてWindows 8へとアップグレード。無事インストールできた!!

失敗談

実は最初は回復コンソールからfixmbrをしようとしたのだが、失敗してWindowsが立ち上がらなくなってしまったのであった。よく分からないのに変なことをするものではないと反省した。